おむすび稲香屋

店舗紹介

沿革

沿革

”おいしいお米を届けたい”
それが、おむすび稲香屋プロジェクトの始まりでした。

おむすび稲香屋は、茨城県常総市(旧:石下町周辺)のお米を使っています。
茨城県県西部、筑波山を眺める関東平野に位置し、鬼怒川と小貝川に挟まれた土地は、昔から川の氾濫によって稲作に適した肥沃な土壌ができあがりました。
2015年の豪雨によって、鬼怒川が氾濫したことを覚えていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。
自然の厳しさと恩恵を受けながら、育まれてきた県内でも有数のおいしいお米が穫れる穀倉地帯です。

同じ産地・品種であっても、実は、生産者が違えば、土壌、水の種類(農業用水/地下水)、肥料の使い方などの育成条件が違い、想像以上に味の違うお米ができあがります。
これらを「茨城県産」と称して混載してしまうと、せっかくのおいしいお米も、同品種の少し質が落ちるお米の味に足を引っ張られてしまいます。
味にこだわりを持つ方が、信頼できる農家から直接買い入れる理由は、ここにあります。
田舎ものだからこそ、知っているこのおいしさの秘密を、多くの方にお伝えしたい、そんな思いから、おむすび稲香屋は、生まれました。

お米離れが進む昨今、お米のおいしさを再認識することによって、1人でも、お米好きが増えてくれることを望みながら、農家さんと消費者の皆さまを”むすぶ”我々でありたいと思っています。

農家さんが手間暇惜しまず、大切に育ててくれたお米だからこそ、おいしさを損なわないよう、茨城の自家精米機で”つきたて”を用意。
お店では、機械ではなく、一つ一つ手むすびでおむすびを作っています。
都会の真ん中で、忙しく働くサラリーマン、OLの皆さまを少しでもサポートできるよう、お米と一緒に野菜がたくさん摂れるメニューをご提案してまいります。
朝ごはんやランチに、また、小腹が空いたときなど、どうぞお気軽にご利用ください。

「健康は1日にしてならず」飽きのこないように、続けられる価格・味・サービスを、目指してまいります。

店舗概要

店舗名 おむすび稲香屋 愛宕本店
所在地 〒105-0003
東京都港区西新橋3-25-46 サンブリヂ西新橋1階
電話番号 電話&FAX: 03-3431-1798
メールアドレス info@omusubiinakaya.com
営業時間 8:00~15:00
定休日 土・日・祝
店舗名 おむすび稲香屋 虎ノ門店
所在地 〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-16-4 アーバン虎ノ門1階
電話番号 電話&FAX: 03-3508-1788
メールアドレス info@omusubiinakaya.com
営業時間 8:00~15:00
定休日 土・日・祝

アクセスマップ

おむすび稲香屋 愛宕本店
愛宕神社の近くの愛宕本店

おむすび稲香屋 虎ノ門店
虎ノ門ヒルズ北側のオフィスビルの1階